ホーム > 学会ロゴマークについて

日本レックリングハウゼン病学会のロゴマークがきまりました。

ロゴマークの由来

学会の理念をデザイン化しました。図案化した植物は『山法師(やまぼうし)』です。この山法師は、学名をBenthamidia Japonicaといい、ミズキ目ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木です。日本全土を始め中国にも広く分布しており、大型の白色の総包片を4枚持ち、それが花弁のように見えるのが特徴です。実は柔かく、食用にもなり、甘いマンゴーのような味わいとされています。花言葉は、『友情』です。

 私たちは、「患者さん、医療に携わるもの、そしてすべての人が病気を正しく理解して『友情を結ぶ』という願いをこめて、山法子とリボンを図案化しました。また、リボンには、次の世代を担う若い世代へ、大人からの『たすき』の意味も込められています。私たちの学会で築いていく治療法の研究開発や啓蒙活動が、次世代の子供たちへ、そして医療に携わる人からそして患者さん、そのご家族に広く引き継がれる事を願って学会のロゴとしました。JSRDの文字は学会の英文名からとっています。

設立世話人代表

新村眞人 東京慈恵会医科大学名誉教授
佐谷秀行 慶應義塾大学医学部先端医科学研究所教授

入会について

年会費 正会員 3000円、賛助会員 (一般)一口1,000円、(法人)一口10,000円
年会費は、郵便振替払込取扱票をご利用の上、ご納入ください。

口座番号・名義につきましては以下の通りです。
ゆうちょ銀行 振替口座 00140-5-651400
日本レックリングハウゼン病学会
(申し訳ございませんが、振込手数料はご負担ください。)

事務局

〒160-8582
東京都新宿区信濃町35
慶應義塾大学医学部 総合医科学研究棟7階
先端医科学研究所 遺伝子制御研究部門内

事務局長 國仲慎治
Tel/Fax: 03-5363-3982